2009年05月14日

エルメスのベルト

フランスの人気ブランドであるエルメス社は、
1837に年馬具工房として創業されました。

自動車の発展と馬車の衰退を予見して、
鞄や財布などの皮革製品に事業を拡大していき
現在に至っています。

ブランドのロゴに用いられている、
馬具工房に由来するデュック(四輪馬車)と
タイガー(従者)は「エルメスは、
最高の馬車を提供します。
それをどう使うかはお客様ご自身です」

という意味で主人の姿は描かれていないことで有名です。

エルメスは、豊富な馬具製造技術をベースに、
次々と時計、服飾品、装飾品、香水などへ進出していき、
これら製品のデザインから製造、そして販売と、
すべてを本社で手がけています。

さて、エルメスのベルトは、有名なケリーバッグや、
バーキンバッグなどと同じ
厳選された高級素材が使われています。

エルメスには、
世界中から上質の革が取り寄せられており、
温度や湿度に細心の注意を払って保存されています。

エルメスのベルトやバッグに使われるのは、
牛革のなかでも丈夫なバット部分だけで、
この牛革も1万頭から30枚しかとれない
無傷なものを使わなければならないという
厳しい条件をくぐりぬけた
厳選素材が用いられています。


エルメスのベルトは、
男性がスーツを着る時に使うものから
カジュアルな洋服に合わせるデザインまで、
仕事の時もオフの時も、
どちらでも自由に使いこなすことが出来るデザインがあり、
エルメスの素晴らしさを表現しています。

エルメスのベルトは、ケリードッグ、
マルティーヌ、エトリヴィエール、
ほかにもリバーシブルで使える
コンスタンスベルトなど多種多様にあり、
どれをとってもエルメスらしい、
品のあるベルトばかりです。
posted by もてたい男子 at 14:37| Comment(40) | エルメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

エルメスの時計

エルメスの創業は1837年にフランスのパリで、
高級馬具店として出発しましたが、
自動車が開発され発展していく中で
馬車の衰退を予見して、早い時期から
バック、財布、鞄やなどの皮革製品に
事業の軸足を移して成功し、現在のエルメスの盛況に至っています。

エルメスのモノ作りのポリシーは、
「美しい作品にも、機能が伴っていなければならない」
とされています。

ですから、エルメスの商品は常に本物であり、
耐久性があり、なおかつ実用的で
しかもエレガントでなければなりません。

ですエルメスブランドの時計においても、
それらの時計それぞれには、
エルメス独自の価値観・メッセージが込められています。

エルメスの時計作りの始まりは、
皮革製品専門ブランドとして、1927年に
皮革製ストラップが付いた
腕時計を発売したところにさかのぼります。

その後の1978年、
スイスのピエンヌに時計専門の子会社
「ラ・モントル・エルメス社」が設立されて以来、
パリのエスプリの
溢れたエルメス独自のデザインと
スイスが誇る時計製造技術とが融合され、
オリジナリティにあふれるエルメスの時計モデルが
次々と生み出され、現在に至っています。


例えば、9世紀の帆船の窓を模した文字盤と、
ブレス部分に
「H」をあしらった時計「クリッパー」シリーズや、
ケリーバッグの正面に用いられている
南京錠と同じ形の
文字盤をあしらった「ケリー」シリーズ

そして「H」を模した長方形の
文字盤が特徴的な「Hウォッチ」シリーズは、
エルメスの時計の代表格であり、
有名なモデルとして人気を誇っています。
posted by もてたい男子 at 11:38| Comment(0) | エルメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

エルメスといえばバーキン

人気高級ブランドであるエルメスは、
1837年にフランス人のティエリ・エルメスが
パリに高級馬具の製造工房を開業したのが始まりです。

そしてエルメスは馬具製作のノウハウをもとに、
バックや財布などの皮革製品に事業を転換していき、
現在のエルメス成功につながっています。

さて、エルメスのバーキンは、
エルメスを代表する高級バッグで
世界中の人々の憧れの的となっています。

このエルメスのバーキン、
もともとは、サック・オータクロアを
原型に作成されたバッグでしたが、
バーキンの機能的で美しいバッグのデザインは、
またたく間に原型であったサック・オータクロアの
人気を追い抜きました。

ヨーロッパをはじめ世界中に、
エルメスバーキンのブームを巻き起こしました。


エルメスのバーキンは、
当時のエルメス社長が、
たまたま乗った飛行機の中で、
フランスで活躍をする人気女優であった
ジェーン・バーキンと出会ったことにより誕生した
というエピソードがあります。

そのとき。、ジェーン・バーキンは仕事道具を
藤かごのバッグに詰めて持ち歩いていたそうですが、
当時のエルメス社長が不便そうに荷物を
出し入れしているの姿を見かけて、
「エルメスが理想のバッグを作る」と提案すると、
彼女が快諾し、自分の理想に近いバッグの
製作をエルメスにオーダーしたことに由来しています。

ジェーン・バーキンのリクエストに
応える形で容量はたっぷりしながらも
整理が簡単に行える機能的で丈夫なバッグ、
エルメスバーキンが完成しました。


エルメスのバーキンは、
他社のバッグよりも高額ですが、
廃盤モデルや希少モデルによっては
一層高額なプレミア価格が設定されているものもあります。

エルメスのバーキンは世界中のセレブをはじめ、
現在でも多くの人々に愛され続けています。
posted by もてたい男子 at 17:16| Comment(0) | エルメス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。